不動産はインカムゲインか!? part2

そしてキャピタルゲインともうひとつインカムゲインがあります。インカムゲインの特徴としては、毎月の収入がほぼ確実に得られるようになるということです。また現在ベトナムの不動産賃貸における実質利回りも高い水準にあり、投資する価値はあります。加えて現在ベトナムは経済成長が著しく、昨年(2015年)のGDPは約6.6%と高い成長率を見せています。今後の経済成長に伴った物価上昇も考慮に入れると家賃も値上がりしてその結果家賃収入もアップすることが考えられます。ただし賃貸の場合デメリットとしては家賃収入が得られない場合があるということです。長らく空き室があったり、入居者が退居したりした場合のことも考慮しなくてはいけないでしょう。例えば日本を例として考えると、銀行から不動産購入資金を融資してもらってから賃貸目的で物件を購入したが、入居者がなかなか見つからずに家賃収入がなくローンの返済が滞り、借金を背負うことになったという事例もあります。ただ中にはディベロッパーによる年間家賃保証などがついており例えば1年間は入居者が見つからなくてもディベロッパーが家賃を保証してくれるので結果家賃収入を得ることができるというわけです。しかしこれも永年ではないので期限付きの補償ということになります。インカムゲインをお考えの方は、リスクヘッジとして複数賃貸物件を購入するというのも一つの手なのかもしれません。特定の部屋の入居がなくてもその他で家賃収入がある物件を所有していれば何とかリスクを回避することもできます。以上のように、今後ベトナムでの不動産投資を考えるのであればどのようにして収入を得たいのかを考えて自身の状況にあったやり方で投資・資産運用を行っていくとよいでしょう。