ベトナム市場への企業流入中!

ベトナム市場への企業流入中!

ベトナム進出日系企業数は、毎年増えている。

ベトナム進出日系企業の過去4年間の推移を見てみると、

2010年 981社  (前年比 +3.5%)

2011年 1081社        (前年比 +10.2%)

2012年 1211社        (前年比 +12.0%)

2013年 1309社        (前年比 +8.1%)

2014年 1452社        (前年比 +10.9%)

日本の外務省領事局政策課の発表によると、2014年の海外進出地域別ランキングは、前年と同じく8位だそうだ。しかし、確実にベトナムに進出している企業は増えているように感じる。

ベトナム市場でのビジネスが増えている背景にベトナム人の生活水準も上がっていることも要因の一つではないだろうか。米国の人事コンサルティング会社マーサー社の発表した「2015年世界生計費調査」の都市ランキングによると、対象となった207の都市で、ホーチミンが90位をつけとのこと。いずれも前年2014年と比べて順位を45位あげている。同調査は、5大陸207都市において、住居費、食料、衣料、家庭用品、娯楽費用などを含む200品目以上の価格を調査し比較したものである。また、2015年1月から5月までの新車販売台数も、前年比と比べ、トヨタ前年比44%増(19225台)フォード前年比71% (7335台)、ホンダ前年比12%(3067台)となっている。家計のゆとりが市場に反映しやすいのもベトナム市場の特徴ではないか。