12兆VNDのプロジェクト販売中止、購入者に返金!

ホーチミン市7区に建設する予定-River cityの発売会社がこの住宅プロジェクトを調整、変更より購入者との解約手続きを実施していく

ホーチミン市7区に建設する予定-River cityの発売会社がこの住宅プロジェクトを調整、変更より購入者との解約手続きを実施していく

このプロジェクトは高層マンション、商業センター、エンターテイメントサービスと設計され、ホーチミン市の南方向(フーミー橋に近く)に立地し、日本の不動産投資・不動産運用事業を行う日本の株式会社CREED GROUP 及びベトナムのAn Giaインベストメントにより開発されていた。

プロジェクト名はThe EverRich 2で11,25ヘクタールの面積に建設予定で、全体は12棟‐3125室のマンションでその投資家はPhat Dat社であった。その後、新たなパトーナとも提携した後、2016年にプロジェクト名をRiver Cityに変更し、全部で8000室のマンション、オフィステル、ショップハウスとなり、総面積:47~122㎡、建設密度23,6%、投資資本は12兆VNDにも上る。しかし、2017年に第2回の調整があった

5月17日に、VnExpressとのインタビューでPhatDatの代表取締役であるNguyen Van Dat さんが営業戦略変更計画よりRiver Cityの設計も全体的に調整される。調整中には法律上の手続きは大変時間かかって引き渡しの進捗にも影響を与えるので本社は購入者に販売解約を手続きを実施していくと考えておる。

解約手続きは両方が合意した契約書に記載のある内容に沿って実施する。支払い進捗を遅れている購入者を除く、ほとんどの購入者に対し支払った価額(約契額の15%)を返金する事と共に、販売契約額の20%の賠償金もお支払いするとした。

Datさんは「購入者自身の権利が保証されているため、今回の解約は、お客さんの承認を受けております」と言った。将来のRiver Cityの発展傾向について、Datさんはこのプロジェクトは新しい側面になると話した。