高級な不動産市場:“取引活発時期”に入っている。

高級不動産市場が“取引上位”になる時期はもう遠くないと思われる。なぜなら、2015年の期初から現在まで、南部から北部まで供給と取引が絶えず上昇しているからです。

全国的に活気

2016年はアパート販売の節目の年だと予想されています。この予想の元は2015年の象徴的な結果です。供給だけじゃなくて、取引の量も凄いスピードで上昇して、市場の信頼が戻ったことを表しています。

2016年01月に出されたSPPI(不動産インデックス)報告によると、様々なプロジェックトが販売開始されて、取引の量が増えており不動産市場が回復しております。ハノイでの吸収レートは40%に達して、前の四半期と比べて、5% 減少しましたが、前年度の四半期と比べて、2%上昇しました。

2015年の下四半期はおよそ6.440 アパートが販売されて、2015年の第三四半期と比べて、3%減少しましたが、前々年度より86% 上昇しました。

高級な不動産市場:“取引活発時期”に入っている。

高級な不動産市場:“取引活発時期”に入っている。

 

良いプロジェックトが豊富にある。

不動産専門家の話では高級なアパートの勢いを表しているのは南部から北部まで良いプロジェックトが数多く展開している事です。ホーチミン市ではビンホーム・ゴールド・リバー、バソン(一区)、シ・グランド・コート、トップライフなど大規模な高級プロジェックトだと判断されました。ハノイでは、ビンホームタイムシティプロジェックトに属するマスタープレミアムのパーク10は高級な不動産の要素が集まって、この分野の明るいポイントです。

具体的にプレミアムパーク10がタイム・シティの中での理想的なインフラ設置、標準装備でスマートホーム(通信機器での操作)など高級な要素を持ち合わせています。それに、プレミアムのパーク10を購入するお客様は特別なサービスで建物価格の75%までのローンを組む事ができます。

Translated by Shinyreal

TTDN