不動産はキャピタルゲインか!? part1

今回は不動産を購入する目的について焦点を当ててみたいと思います。不動産へ投資する目的としては、2種類あります。一つ目はキャピタルゲインを目的とした不動産投資です。これは不動産の転売を繰り返して利益を上げていく方法です。二つ目はインカムゲインを目的とした不動産投資です。これは賃貸による家賃収入を目的として不動産投資を行う方法です。その中でもキャピタルゲインを目的として不動産購入した方が利益は短期間に大きく上げることが可能となります。実際、ベトナムにおいて外国人の不動産購入が可能となった2015年7月に合わせて不動産を購入した人が3~5か月後に物件を転売して30%の売却益を得たという事例もあります。そこまで最速ではないにしても今後も地下鉄(日本のODA主導で行われており、2020年完成予定)の存在などの影響も考慮すると、まだまだ売却益を多く狙えるところであります。また転売をお考えの場合は、その物件価格が上昇するまでそこに住むということもできます。ちなみに日本ではきれいなビューが臨める高層階が人気ですが、ベトナムでは真逆でいまいち高層階のメリットが認知されていない傾向にあります。もちろん下層階と高層階では特に機能面などでは特に大きな違いはないわけですから、どちらを選ぶにしても問題はないと思います。