Tan Cang駅のメトロ号1線の豪華なデザインが明いた。

これは17.1kmのバソン(1区)~Suoi Tien)の高架メトロ線を建設する入札パッキング号2の11駅の一つである。

駅の面積は長さ137.5m、幅31m、高さ20m、3フロアが含まれその中に客様を迎えるフロアと維持補修フロアなど含まれる見込みだ。

Tan Cang駅は設計的に運転を行った後でラッシュアワーに14000客様を迎える見込みだ。工事は2017年に完成する見込みだ。ショッピングモール、スーパー、コンビニは住民の観光とショッピング需要を奉仕する為にメトロ号1線の駅(Ben Thanh~Suoi Tien)で建設される。

都市鉄道管理ボードによると、ショッピングモールとメトロ(特に地下鉄の駅)を組み合わせするモデルは客様にユーティリティーを与える。それと、ショッピングモールの開発はメトロの投資コストの回収の為の採算を与える。これは世界での多くの国、特に日本が成功に開発できた。

メトロ号1線の進捗とともに他の大規模の駅ももうすぐ完成する。それに、サイゴン川の西ではバソン、Tan Cangの多機能住宅団地にある多くのプロジェクトが賑やかになっている。

ヴィンホーム(Vinhomes)の住宅団地と東南アジアでのランドマーク最高の塔は賑やかに建設されている。これは2016年のホーチミン市の特徴である。

整備的には高級な住宅団地とともに35%の建設密度でショッピングモール、オフィス、5つ星ホテル、近代遊園地などもあり精々フロア量が55フロア(220mの高さの相当)。

今までこの辺の形ははっきりになっている。特にBen Thanh ~Suoi Tienのメトロ1号線では駅が建設されている。

Tan Cangのメトロ駅の地下壕が建設されている。


プロジェクトの工事


専門家によると、プロジェクトは雨季の前に一日で施工されている。


Tan Cang駅中のデザイン。


プロジェクト管理ボードによると将来ここは地下町だと見込みだ。


駅のデザインは公開されたばかりだ。


ホーチミン市の鉄道管理ボードによると、12月17日に日本入札者とベトナムの合弁会社はTan Cangメトロ駅が起工される。これは17.1kmのバソン(1区)~Suoi Tienの高架メトロ線を建設する入札パッキング号2の11駅の一つである。


Tan Cangメトロのドラフトデザイン。


この駅で客様は簡単にユーテイリテイーがアクセス出来る。


上から駅のデザイン。

Translated by Shinyreal – ベトナム不動産

Nguyên Minh – (C) Trí thức trẻ