現在ベンタイン〜スオイティンまでの建設が決まっているメトロ1号線は、ビンズーン省とドンナい省まで線路を延ばすことが決定した。予算経費は一億USD(約2兆1千億VND)と見られる。

2017年5月24日、ホーチミン市列車管理局は、「独立行政法人 国際協力機構(JICA)がメトロ1号線をビンズーン省とドンナい省まで延ばすため、一億USDを提供することを保証した」と発表した。

メトロ1号線の最後の駅(スオイティエン駅)からビンズーン省のヌッザオまで2km延ばし、スオイティエン駅でビンズーン省とドンナい省行きの2線路に分岐する。

ドンナイ省とビンズーン省の機関がホーチミン市に要望書を送り、線路延長工事の立ち退き料については省が負担するが、建設費用は負担してほしい旨を伝えた。

列車管理局の代表者は、「プロジェクトはまだ研究、準備段階である。だだ、JICAはメトロ1号線を延びる用の資本金の提供を検討すると約束した。プロジェクト進むことで、ホーチミン市にも色々メリットがある。例としては交通量を減らし、人口を東に向かって増加させること」と話す。

20kmの長さを持っている二十四億九千万USD(約四十七兆VND)メトロ1号線は2012年8月に着工され、1区、2区、9区、Binh Thanh 区、Thu Duc区(ホーチミン市)及びヂアン(ビンズーン省)に通じる。

プロジェクトは2020年に開通予定であり、路線の2.6kmは地下鉄(3つの駅)、17kmは地上の路線(11つの駅)となる。

メトロ1号線の5つ工事の進捗状況:
– 1a 工事(地下のベンタイン駅から劇場まで)5%完成
– 1b 工事(地下のベンタイン駅からバソン駅まで)45%完成
– 2 工事(地上のバソン駅からビンズーン省まで)67%完成
– 3 工事(資材、電車購入、線路メンテナンス)12%完成
– 4 工事(オペレーター及びメンテナンスするオフィスのシステム設置)2017年末に展開予定