ホーチミン市の初めのメトロ線をシェイプアップするところ。

ほぼ20キロの長さには、いくつかの地上のセクションに桁を取り付けて、最初の喜劇を明らかにした。 Bason駅、オペラハウス…に地下建設は早急に実装されている。

1号メトロ(Bến Thành – Suối Tiên) 19,7 kmの長さで、総投資は2.49億ドルで建設のためにいくつかのセクションに分かれている。ホーチミン市の最初の地下鉄線形状はだんだん表示している。


この写真は1号メトロで桁を取り付けたBinh Thai交差点を通るセクション。


2015年6月4日に初めの桁を完了したら、Suoi TienからSaigon橋までの地上のセクションは70%を完了している。この写真には列車の線路を作るためのセクション。


現在、地下鉄上のラインの3つのモバイル足場システムは、 2年間に完成した進展を確保するためにクレーン、移植、桁を続けているところだ。


Binh Thai交差点の駅にコンクリートから電気システムまでがちがち実行している。


労働者は屋上がないところに働いているから高い熱を堪える。日焼けを防止するためにいろいろな工具を準備するべきだ。


Saigon橋が並行して走るメトロの専用橋をだんだん形成している。


しかし、サイゴン橋から地下鉄Bason駅までのセクションでは、橋台だけ完了して、いくつかのセクションは実行中ところだ。


Bason地下駅の鳥瞰図。このエリアのほぼ100歳の造船所は、最初の都市の都市鉄道ラインを提供するためにクリアされました。


この駅は1号メトロの1つの駅。

Ben Thanh-Suoi Tienメトロは2012年8月に起工された。デザインによって、Thu Duc区、Binh Thanh区、1,2,9区を通る。地下駅が3つあって、地上駅は11つの駅がある。


 

.プロジェクトは2019年に完了の予定がある。2020年に使用することになる。ホーチミン市都市鉄道の管理ボードによって2018年に17kmの地上線が運用することができると思う。

Translated by Shinyreal

(C)vnexpress.net – Duy Tran