バソンメトロ駅の健造

ホーチミン市都鉄道の管理の話では、エンジニャ、工員がホーチミン市、一区のメトロ工事の進度を加速しています。

これはベン・タンースイ・ティンメトロ線1の地下駅の第3目で、地下メトロ(ベン・タン市場からバソンまでで、2.6キロで)から高い所(グェン・ヒュウ・カン通、サイゴン川、ハノイ大路、スイ・ティンを通して、長さが17.1キロで)に変更する転向ポイントです。

その前、しむずーめあだ請負業者(日本)がオペラハウスの地下駅の工事を展開しました。ベンタンセンターの地下メトロ駅(ベン・タン市場の前)は工事の準備の段階です。

バソンメトロ駅の工事は広さが25メートルで、長さが680メートルで、深さが19メートルで、地下室が二つがあって、第一地下室はベン・タンからスイ・ティンまでで、第二地下室は逆の道です。

地上階は乗客のフロントで、チケットを売る場所です。予想では、バソンメトロ駅の工事が完成するのは2017年の終わりです。

バソンメトロ駅の健造以外、しむずーめあだはバソン工場―ペラハウスのメトロ線を掘るため、 2016 年の終わり、TBM ロボットを下ろすため、インフラを作っています。


5月13日:バソンでメトロの工事をしています。 – 写真: Quang Định


5月13日:バソンで日本の専門家とベトナムの工員- 写真: Quang Định

Translated by Shinyreal – ベトナム不動産

N.Ẩn – Tuoitre