国家銀行は弱い財務力を持っている開発社だけに対して通達36号の改正が有力になった時、資本借金事業が困ると確言した。

国家銀行が通達号36のドラフトを制定したばかり不動産メンバーの消極的な反応を被った。この通達が有力になると不動産に銀行の資金流入を締めさせると色々な意見がある。

しかし、国家銀行は通達36号が改正するなら、不動産に資金流入の影響を具体的に分析した。銀行も改正事業が詳細な計算で不動産に資金流入を減らせないと確言した。

最後の2015年にはクレジット機関システムの平均で中間―長期賃貸資の為の短期資金率は31%。この率は強く増加傾向を示している。通達36号がこの率の減少トレンド(60%から40%になる)で国家銀行によると、改正するなら各銀行は中間ー長期クレジット(不動産を含む)が提供出来る。他の要素が変化しないならこの規模と資金構造で通達36号の改正の規制シーリングに達する為システムの総クレジット供給は約540兆ドンだ。

それに、通達36号のドラフトは不動産賃貸事業の危険因子(150%から250%になる)を調整すると見込みだ。国家銀行の分析によると、これは自己資本比率(CAR)をあまり直接に影響しない。それで、全システムの平均でCAR比率は13%から12.1%に減る。

国家銀行によると、13%の最後の2015年の全システムの平均でCAR比率で各銀行は650兆ドンまでの資本(限界比率が9%)で不動産賃貸が出来る。

それで、通達36号のドラフトは不動産にクレジット資金流入をあまり影響しない。開発社が投資が出来る為安全な基準、賃貸条件を満たすのかは問題だ。

通達号36のドラフトに困る対象は弱い財務力の投機界と開発社だ。購入者、社会住宅の対象は何も影響されない。

その上、金融政策課によると、不動産分野は銀行の中間ー長期賃貸の項目の一つだ。各銀行は危険率と利益性によって中間ー長期賃貸のために短期資金(可)を使用する。データによると、長い間でこの率は40%(2005年~2009年)、30%(2009年~2014年)、中間ー長期クレジットの規模と成長速度は劇的に増加する時もある。

通達36号のドラフトはまだ討議段階になっており国家銀行は不動産市場、銀行システムなどに危険率と消極的な影響を限界する為に適切の時間と実証方法を選んで慎重に検討すると保証した。

Translated by Ai Sinh

(C) vnexpress - Thanh Thanh Lan

ベトナム不動産

コメント

コメント