(これは国家銀行の通達案で、検討されています。まだ有効ではありません。)

1.組織と関するケース(クレジット組織も含まれる)を補充:条項15事項3

  • 組織(A)が(B)の資本金の5%以上か議決権がある株式を所有する会社それかクレジット組織(B)
  • 組織(A)が(B)の管理者を指名する権限を持つ会社それかクレジット組織(B)
  • これはこの通達の新しいポイントです。このポイントを補充する理由として近年、個人的な組織による法律違反がめだつから。

2.短期融資を中期、長期なクレジットにする割合を下げる:条項5事項17

  • 商業銀行: 40%;
  • 外国銀行の支社: 40%;
  • ノンバンククレジット組織: 80%;
  • 協同組合銀行: 40%”

短期な融資を中期、長期なクレジットにする割合を60%から40%に下げる目的:流動性リスクを下げて、政府の標定(資本市場の通貨市場に依存することを下げて、クレジットの伸び、マネーサプライを下げる)に合います。この規定から、商売銀行はこの割合が上がらないため、少しずつ信頼政策を慎重に行います。

3.不動産経営の借入金の危険因子を変更

  • 不動産経営の借入金の危険因子を150% から250%に上げます。
  • 危険因子を上げることと従って、銀行が予備費を上げなければなりませんです。従って、銀行の安全な指標も変更します。
  • 危険因子を上げる目的:クレジットの流れを調整して, リスクが高い不動産マーケットに集中することを避けます。短期な融資を中期、長期なクレジットにする割合を下げることを兼ねて、この通達は不動産マーケットのような長期な融資が必要マーケットに影響を与えます。

4.短期な資金源と外国銀行の支社の国債を購入、投資するレートを変更:条項6事項17

  • レートを15% から 35%に上げます。
  • 目的:政府の長期な資金を公募する予定、国債の需要を促します。

5.政府が資本金の50%を所有する 商売株式銀行のLDR(融資/総預金)を上げる

  • 政府が資本金の50%を所有する 商売株式銀行のLDR: 90%
  • 目的:政府が資本金の50%を所有して、リストラをした銀行にインセンティブを作ります。

6.債券を投資、経営するため、お金を借りるお客様に融資を出すことを修正:項2事項11

  • クレジット組織、外国銀行の支社は公示していない債券を投資、経営するため、借りるお客様に融資を出してはいけません。
  • 目的:クレジットを提供できる対象を追加します。従って、融資を出すことを抑えて、融資のリスクを下げます。

7.条項3にある定義を補充

  • クレジット組織、外国銀行の支社というのはベトナムで成立されて、行われる組織、外国銀行の支社です。
  • 国家商業銀行というのはOneメンバー有限責任会社で、政府が資本金の100%を所有する 商業銀行です。
  • 金融機関というのは法律の通りにマネーローンダリングを予防する機関です。
  • 外国にある金融機関というのは外国で外国法律に従って、成立される金融機関です。
  • 目的:クレジット組織法律2010の定義を正確に定義します。

8.クレジット組織、外国銀行の支社の最低な流動性レート、30日中の支払う能力:条項15

  • クレジット組織、外国銀行の支社の最低な流動性レートは:

(i) 商業銀行: 10%;

(ii) 外国銀行の支社: 10%;

(iii) ノンバンククレジット組織: 1%;

(iv) 協同組合銀行: 10%.”

  • クレジット組織、外国銀行の支社の最低な30日中の払う能力レート(VND)は:

(i) 商業銀行: 50%;

(ii) 外国銀行の支社: 50%;

(iii) ノンバンククレジット組織: 20%;

(iv) 協同組合銀行: 50%.

  • クレジット組織の最低な30日中の払う能力レート(外貨)は:
  • (i) 商業銀行: 10%;

(ii) 外国銀行の支社: 5%;

(iii) ノンバンククレジット組織: 5%;

(iv) 協同組合銀行: 5%.”

  • 目的:流動性を確保します。

9.クレジットを提供する形態を補充:条項3

  • 個人、組織に委託して、株を買っていただくお客様にお金を貸して、価値がある書類を割引して買います。
  • 目的:経営、投資のため、お金を借りる需要に応じます。

Translated by Anh Thi