9月6日、姉妹都市協定を結んでいる大阪府がホーチミン市の炭素を軽減の取り組みを2016年から2020年までの期間で了解各書の締結に至った。

同書の内容において、気候変動の影響を受けやすいホーチミン市の環境対策である省エネルギー対策は大気汚染やグリーンハウスから放失されるガスの削減などのプロジェクトを計画している。2011年からホーチミン市と大阪府は姉妹都市協定を結んでおり、既に環境保護や水処理事業を取り組んでいる。実際ホーチミン市はいくつかの炭素放出削減に関するプロジェクトを展開していく予定である。ビンティン卸売市場(Binh Dien market)で一日40~60トンの炭素を発電所から使用している。それに対して、日本の会社は電力開発において150~500トン一日使用している。都市の下水処理や雨水を利用した主に環境に関する計画を現在取り組んでいる。

 

参考
People’s Army News

 

コメント

コメント