自動車強制保険の補償レベルを引き上げる。

財務局の通達号22によると現在の自動車強制保険で補償されている人身被害に対して保険の補償金額を現在の7千万ドンから1億ドン/人/1件に引き上げる事で決定した。

2輪バイク、3輪バイク、バイク同等扱い自動車(不自由な人の車両を含む)に与えられた財産破損に対して保険の補償金額は5千万ドン/件。

自動車、トラクター、建設車両、農業用バイク、林業用バイク、セキュリテイと防衛目的として使われる他の特殊な車両(トラクターと車に引っ張られるトレーラーやセミトレーラーを含む)に与えられた財産損害に対して保険の補償金額は億ドン/件。

外国労働者の許可取得期間を短縮

4月1日から改正される、ベトナムで働いている外国労働者に対して労働法律に関する政府の政令号11によると、外国労働者に対して許可取得期間を短縮することになっている。7日以内に(現在10日)リクエストレターを受け取り、その後、労働局、戦争病人局、社会局で手続きし外国労働許可を取得しなければならない。

許可を取得しない場合は所管官庁からの返信レターに取得しない理由を記載しなければならない。

税関総局は「1ドア」の機構を発行した。

4月1日から改正される「1ドア」の機構実施に関する税務総局の決定号369によると、企業や個人から求められた場合の政策、輸出入活動に関する申請業務の受付と受信分門を統合する。(「1ドア」部門)。

非課税申告した場合、申請書(不備のない)を受理後10労働日以内に所管官庁が企業、個人に手続きを進めなければならない。5日以内にリクエストを受け取り後所管官庁は返事レターを出さなければならない。

アパートでの駐車場を購入出来る

4月2日から改正される、アパートの使用と管理規制に関する建設局の通達号2によると、アパートのホストは住んでいるアパートに自分の駐車場を購入出来ると規定した。

開発社は車の為の敷地が十分にある場合、各アパートと需要がある購入者に車の駐車場を販売しなければならない。各アパートの車用の敷地が十分ではない場合は開発社は購入者と相談し販売、賃貸を対応する。開発社は購入者と相談出来ない場合は抽選にて対応処理する。

法廷にて規則に違反した場合逮捕される。

4月24日から改正される公安省の通達号13では警察の法廷での環境保護事業が具体的に規定された。警察の責任は裁判所の召喚状と招待状の元で法廷での参加者を厳しく管理することだ。法廷に2警察配置される。

警察は法廷から規則を犯した人を追い出すあるいは裁判主管の元で逮捕する責任がある。

Translated by Shinyreal

(C) vnexpress