ベトナム不動産に投資されているシンガポール資本は大開発社の投資で増加傾向を示している。

ホーチミン市にあるシンガポール共和国の領事館の社長Leow Siu Lin氏によると、ベトナムは市がポール企業のトップ市場の一つである。現在、同国の不動産企業はベトナムで成功に営業しており、特にベトナム-シンガポール工業団地の7つが80億ドルの資本を集め、労働者の15.5万に仕事を与えている。
シンガポール国際企業発展局の社長Koh Chong Fu氏によると、本社がシンガポールにある国際企業もベトナム不動産に非常に興味がある。例えば、本社が同国にあるKusto Home社はホーチミン市にあるKim Cuong島の事業を管理している。
Kusto Homeの社長Murat Utemisov氏によれば、同会社は2015年の以前からベトナム不動産を検討しベトナム、特に住宅項目は潜在で活発的な市場だと観察した。

多くの同国不動産開発社はKeppel Land, Mapletree, Sembcorp, CapitaLandなどベトナムで長時間で営業しており成功している。
2016年の6月まで不動産に投資されている資本はアセアン地域がベトナムに投資した外国総資本の30%以上を占めており97プロジェクトがある。その中に、シンガポールは事業の総数の80%、総資本の60%を占めている。

Keppel Landの社長Ang Wee Gee氏によると、Keppel Landはベトナム市場にある不動産項目に投資するなら、CapitaLandが住宅項目にトップ投資家と見られている。CapitaLandはハノイ、Hai Phong, ホーチミン市、Da Nang, Binh Duong, Nha Trangなど大都市で不動産事業を開発している。今まで、CapitaLandはホーチミンとハノイの住宅市場に好アパートの7850軒と住宅事業の8つを提供している。

CapitaLandの社長Chen Lian Pang氏によれば、ベトナムはアジアにあるCapitaLandの重要な市場の一つである。

シンガポール不動産ブローカーの会長Jeff Fooによると、ベトナムに投資中大企業の10つの中に不動産に投資中の企業が5つある。

シンガポールのSynGienceグループとLucky Land社とMinh Nguyen Long社はDepot Metro事業による4千億ドンの契約書を契約し規模が660アパート、メトロ線号2の停車駅の隣にある。(Ben Thanh~Tham Luong)。

Keppel Land の子会社Ibeworth Pte. Ltd.と投資合資Nam Long 社は総価値が5千億ドンでNam Longの転換社債の契約書を契約した。

Translated by Shinyreal
(C)vietbao.vn

コメント

コメント